コラム

もはや当たり前!メンズ脱毛

投稿日:

脱毛のメリットは毛がなくなるだけではない

昭和の時代は、モテ要素にもなった「男性のワイルドな体毛」。
平成最後の今は、もはや嫌われ要素になっています。

私は清潔な男性が好きだなぁ。

 

わかる~。

ちょっと小汚い人無理かも・・・。

それ以前によく考えてみましょう。元々「体毛が濃くてもOK」とされていたのはモテメンだけ。

そんなモテメンたちが、ワイルドな体毛を見せていたから「世間的にもOK」とされていたのであって、女性が手放しで、体毛を支持していたわけではありません。
そんな事情が明らかになってきたのが平成なんですね。

今もワイルド男子はモテますが、彼らをよく見ると、髭や体毛などにメリハリがあることに気づきます。
簡単にいうと「手入れをしている」髭や体毛なんですね。
手を掛けている毛は生え方も綺麗、肌も綺麗、全体的に清潔感があります。

逆に、伸ばし放題、手を掛けていない体毛は不潔に見られがち。
「男性の清潔感のなさ」に女性がノーと言う時代になったということ。
余談ですが、男性の髪の薄さも、薄さそれ自体より「手を掛けていない感じ」が嫌われたりします。
モテメンの「スキンヘッド」が嫌われないのを見ても解りますね。

それだけ、現代は男性の「スキンケア、ヘアケア意識」が問われている時代とも言えます。
そのため、男性用医療脱毛も当たり前になってきています。

 

慣れないことはプロに相談しよう

男性が、自分でむだ毛を処理しようとすると、ちょっと大変。
女性がカミソリで、むだ毛の処理をすると「チクチク」した触り心地や見た目になってしまい、逆に見た目が残念になりがち。

女装してすね毛剃った数日後のチクチク感、本当いや。

 

 

ましてや毛が太くて多い男性がセルフケアをすると、より大惨事が予想されます。
また男性のむだ毛が厄介なのは、量が多く蒸れて皮膚トラブルが起きたりするため。
むだ毛の奥にニキビがあるなんてこともあります。髭だとよけいに目立ちますね。
さらにカミソリで髭を剃ると、肌が乾燥してしまい、より湿疹ができやすくなるなんてことも。
不自然に毛が無くなったうえに、剃ったあとの肌が汚い。これでは、処理しない方がまだマシ。

しかし、何もしないと、もじゃもじゃ状態になってしまう。こんな男性を救うのが、医療機関での脱毛です。

医療機関で行う「レーザー脱毛」は毛の黒に反応して、脱毛するという方法。特にレーザーは、毛の内部、毛根付近の細胞をしっかり殺してくれるため、施術した場所からは2度と毛が生えてきません。
そのためカミソリのように、チクチク状態にはならないんですね。

また髭やすねなどの場合、無毛がいいとも限りません。
医療機関では、その辺りをカウンセリングで相談することができます。
むだ毛処理の知識などはなくてもOK。むしろ日頃、どこに悩んでいるか、どんなイメージの自分になりたいかを伝えましょう。

髭の場合、不潔に見える部分だけを脱毛、一部を残して生やすこともできます。
医療脱毛を行えば、脱毛した部分から毛が生えてくることもないので、髭剃りも簡単。

髭の剃り跡が目立ちすぎる悩みを持つ男性も、こういった「部分脱毛」で充分見た目の効果が出る可能性大。
特に髭の場合、毎日手入れをする場所ですから、忙しい朝でも最低限ざっくり剃っておくだけという生活にすることで、ストレスも軽減。
時間も有効活用できますね。

また医療脱毛は一定期間がかかるため、肌のコンディションをよくしなくてはいけませんが、それも医療機関で行ってくれます。
脱毛で赤みが出た場合や、湿疹などのトラブルがあった場合も、医療機関なら軟膏の処方などを行ってくれます。
確実に毛が抜ける上に、安心できる脱毛なので、人気があるんですね。

どちらかというと、肌のお手入れやむだ毛処理に慣れていない男性。医療機関に処理を丸投げするだけで、簡単に理想の肌になることができるのです。

痛みに弱い、お金がない‥こんなときどうする?

しかし医療脱毛は痛みを伴います。また1度では済まないのでかなり高額になる可能性もありますね。
脱毛の敷居が高そうですが、痛みやお金の面もカウンセリングで相談すれば問題なし。

痛いの苦手です・・・

医療脱毛で痛みが出るのは、脱毛のパワーが強いからですが、それを弱めてもらう、施術範囲を最小限にするなど、工夫はいろいろ。
また医療機関での脱毛は「レーザー」1種類ではないですし、レーザー脱毛にも色々な種類があります。
痛みに弱い場合は、きちんと告げておくとストレスのない脱毛が可能。

また脱毛をパーフェクトにしようとすると、かかる期間は未知数。
今、身体の中に埋まっている毛がいつ生えてくるかは、医療機関でもわからないからです。

そのため、お金や時間がないのであまり多くは通えないという場合は、少なめの施術にして、残りは家でケアをする。
お金や時間ができた頃に、再び施術をしてもらうという方法もあります。

男性のむだ毛処理は、セルフでも肌の保湿代などを入れると、結構お金がかかっているもの。高価なシェーバーで髭の深剃りをして、傷ができ、そのケアをしている人も珍しくはありません。

医療脱毛を行えば、そういったお金や手間は要らなくなります。
脱毛でストレスから解消されるのは、女性より男性の方なのです。

-コラム

Copyright© 脱毛マニアのはるの医療脱毛なび2018 , 2018 All Rights Reserved.