脱毛マニアのはるの医療脱毛なび2018

医療脱毛しまくりOLのはるです!皆さんの脱毛する時のサポートができれば嬉しいです。

レジーナクリニック

レジーナクリニックって途中解約できるの??

更新日:

解約するうえでの注意点

レジーナクリニックで解約をしたい場合は、「契約してから1年以内」に手続きをする必要があります。

1年が経過してしまうと、返金に応じてもらえなくなりますので、解約期間には注意をしましょう。

解約をする時には、まずは自分が通っている店舗に電話、もしくは直接来店して解約の旨を伝えましょう。

解約をする時には、「印鑑」「通帳・キャッシュカード」が必要になります。

クレジットカードで支払いをしている場合は、「クレジットカード」も必要になります。

印鑑や通帳などの準備ができたら、店舗で解約手続きを行います。

途中解約は、メールや電話では行えません。

近年、脱毛サロンなどで、解約を巡ってのトラブルが目立ちますが、トラブルの原因は、必ずしも店舗側にあるわけではありません。

脱毛サロンの利用者が低年齢化し、しっかり「契約」や「解約」の手続きをしないことが原因になっているケースもあります。

「店舗に行くのが面倒くさい」「スタッフと揉めたから店舗に行きにくい」など、直接店舗へ解約をしに行かず、メールや電話だけで解約を済ませようとする人もいるようです。

未成年者の場合は、契約や解約の時には、保護者を必ず同伴しましょう。

解約をする時には、きちんと店舗で続きをする必要がありますので、決められた手順に従って解約を進めましょう。

スタッフの指示に従えば、解約手続きはすぐに終わってしまいます。

忘れ物をしてしまうと、店舗での解約手続きが出来なくなってしまいますので、印鑑や通帳は必ず忘れないように準備をしましょう。

そして、解約手続きが無事に終了すると、2週間~3週間くらいを目途に、指定口座へ返金が行われます。

この時、「解約手数料」と「振込手数料」が引かれた金額が振込みされます。

1カ月を過ぎても、なかなか返金が行われない場合は、店舗に確認をすることをおすすめします。

また、解約をする時に、一番不安になるのが「引き止め」の問題だと思います。

一部のサロンでは、解約をする時にしつこい引き止めに遭ったという口コミは良く聞かれますが、レジーナクリニックでは、解約時のしつこい引き止めの噂は少ないため、あまり心配する必要はなさそうです。

ただし、レジーナクリニックでも、「解約の理由」については、聞かれる可能性が高いです。

普通に回答をすれば、何も問題がなく解約できますので、恐れる必要はありません。

返済額について

まず、「契約から8日以内」「契約期間が1カ月以上」「契約料金が5万円以上」の条件が揃う場合は、途中解約ではなく「クーリングオフ」が利用できます。

クーリングオフは、条件さえ満たせば、一方的に解約が出来る制度です。

クーリングオフの場合は、解約手数料がかからないので、支払った金額が全額返金されるのが特徴です。

解約の中で、唯一手数料なしで解約できる方法なので、「やっぱりやめようかな」と考えている場合は、出来るだけ早くクーリングオフで解約した方がお得です。

迷っているうちに、契約から8日以上が経過してしまうと、クーリングオフは利用できなくなってしまいます。

そして、クーリングオフの期間を過ぎてから途中解約をする場合、「解約手数料」が発生してしまうので注意が必要です。

レジーナクリニックでの解約手数料は、全身脱毛も部位脱毛も共通で、「残りの施術回数」で決定します。

残りの施術回数は5回(施術を受けていない)の場合、解約手数料は「一律20,000円」です。

残りの施術回数が4回以上の場合、上限を50,000円として「残りの施術回数の料金×20%」になります。

上限が50,000円となると、かなり高額な解約手数料になりますので、途中解約は慎重に良く考えないといけません。

また、途中解約は、「妊娠」や「引越し」の場合であれば、解約せずとも上手く通院を続けることが出来る可能性があります。

レジーナクリニックの脱毛期間は、通常「1年契約」となっていますが、妊娠をした場合は、例外として、脱毛の契約期間を、1年程度延長してもらえる可能性があります。

本来は契約期間内に通院をしないと、残りの施術回数は無効になってしまいますが、妊娠のような特殊ケースの場合は、救済措置が取られることがあります。

また、引越しの場合も、新しい移住先にレジーナクリニックがある場合、すぐに途中解約を考えるよりも、「店舗移動」を考えた方が、効率が良い場合があります。

レジーナクリニックでは、1回だけなら店舗移動が無料になっているため、新しい引っ越し先で残りの施術を行ってもらう方が面倒がありません。

店舗移動は、2回目からは「事務手数料」がかかり有料となるので注意が必要です。

ただし、レジーナクリニックは、実際には「東京」「大阪」「一部の主要都市」にしか店舗がないため、地方へ引越しとなると、店舗移動を利用したくても、引っ越し先にレジーナクリニックがなく諦めるしか方法がない場合もあります。

引っ越し先で通院が続けられるなら、途中解約よりも、店舗移動の方が無駄がないのでおすすめです。

-レジーナクリニック

Copyright© 脱毛マニアのはるの医療脱毛なび2018 , 2018 All Rights Reserved.