コラム

医療脱毛後、気を付けるべき4つのこと

投稿日:

医療脱毛でもセルフケアは、しっかりやるべし

医療脱毛の大きなメリットは、肌のケアやコンディションを医療従事者が判断してくれること。
もし脱毛で赤みや湿疹ができたとしても、治療薬を処方してもらえます。

だからといって、普段から肌のケアをしなくていいわけではありません。
特に医療脱毛はパワーが強い分、施術後のケアはとても大事。
施術後やってはいけないことや、気を付けることをまとめてみました。

入浴禁止

せっかく、肌がつるつるになったんだからお風呂に入りたい。
残念ですが医療用レーザー脱毛は、施術後すぐ肌がつるつるになるわけではありません。毛の根っこを殺しているため、時間がたってから毛がするする抜け落ちてきます。2週間程度は、抜けることがあるよう。

お風呂に入って、無理に引っ張っても、無駄な刺激を与えるだけなのでやめましょう。軽く引っ張って自然に抜ける毛は、施術効果が出ている証拠なので、楽しんでも構いません。

また脱毛施術後は肌にダメージが加わった状態。ほてりがあることも多いですが、肌が軽い炎症を起こしている状態です。
そこで湯船につかると、血行が不要によくなり炎症が進んでしまいます。
入浴は肌を乾燥させやすい行動でもあります。湯船につかるのは避け、シャワーのみにしてください。

同じ理由でサウナや、激しい運動、お酒も控えてください。
ヘアカラーなども、肌トラブルが起きるような行動も避けた方が無難。

シャワーを浴びたあとは、しっかり保湿をすること。この時も「スリミングジェル」など刺激系のアイテムは避けること。
もし肌が敏感のときのためのアイテムを持っている場合は、そういった基礎化粧品を使うとよいでしょう。
そうでなければ普段通りのケアを行ってください。基本的に脱毛後の保湿は、医療機関がしっかりやってくれるため、ナーバスになる必要はありません。
使用する基礎化粧品に不安がある場合は、遠慮なく、施術を受けた機関に訊くとよいでしょう。
肌に刺激を与える行動や、血行を不要によくする行動は避けましょう。

日焼け禁止

脱毛直後のNG事項でもあり、日頃のNG事項でもあります。
肌をやくというのは、軽くやけどをするのと同じこと。肌の表面が乾燥した状態になります。
場合によっては、脱毛を断られる可能性も出てきます。
医療脱毛はスピード感がメリット。うっかり日焼けをしてしまい、1回飛ばすことになっては、とてももったいないですね。
また日に焼けたり乾燥している肌は、施術ができても痛みが強くなる可能性もあります。

日焼けを避けるためにも、冬場に脱毛を始めるのもよいでしょう。
脱毛は、毛の生え変わり周期があり、今肌の中で待機している毛を順番に抜いていかなくてはいけません。
どういう方法でも、時間がかかります。それなら人が集中しづらい冬から開始するというのも1つの手。
全身脱毛の場合、冬は肌が露出しないため、特にオススメです。

普段のお手入れはカミソリやシェーバーで

全身脱毛を始めたからといって、すぐに「つるつる」になるわけではありません。
全身の毛が目に見えて減るのは、3回目くらいから。

その前にはむだ毛が気になることもあります。このとき肌を傷めないよう、無理にカミソリを避ける必要はなし。
医療用レーザーは、毛の黒さに反応するため、カミソリなどでカットしてある程度が1番反応しやすくなります。
またカミソリやシェーバーは、保湿をしっかり行えば、肌への負担はそこまで大きくありません。

出来ればより負担の少ないシェーバーが望ましいですが、脱毛途中でむだ毛が気になったら剃っても構いません。その代わり、保湿をしっかり行いましょう。

全身脱毛をする場合、普段は保湿をしない部分まで脱毛をすることもあります。
VIOラインや背中などですね。そういった部分もしっかり保湿をすること。
ただし、デリケートゾーンに美白化粧水など、刺激のあるものは使用しないこと。
普通のボディケア用品、出来ればデリケートゾーン用を使用してください。

肌を傷める可能性があるので、除毛クリームや脱毛ワックスは使わないこと。
また毛抜きで毛を抜くのも肌が傷むのでやめましょう。
無理に毛を抜くと、そこの毛の永久脱毛ができず、次に生えてくるのを待つことになります。1本脱毛をロスすることになります。
むだ毛が気になっても、無理に抜かないこと。剃るかカットに留めましょう。

赤みや湿疹はこう対処

赤み程度であれば、市販の炎症止め軟膏を塗り様子を見るとよいでしょう。
心配な場合は、施術後の対策を訊いておくといいですね。
どんどん症状が悪化する、痛みが強くなる、水膨れになるなどの症状が出た場合は、施術した医療機関へ連絡をしましょう。

医療脱毛は確実さとスピードが最大のウリ。
しかし、日頃のケアやアフターケアをしっかりしていないと、自分で脱毛の足を引っ張ってしまうことになります。
ケア方法をしっかり聞いておくことも大切です。

-コラム

Copyright© 脱毛マニアのはるの医療脱毛なび2018 , 2018 All Rights Reserved.